ビタミンB1はどうして毎日必要なの?|睡眠サプリの成分

ビタミンB1

 

ビタミンB1というのは水溶性ビタミン。

疲労回復のビタミンとも言われています。

 

炭水化物(糖質)の代謝を促す成分なので、お米を主食とする日本人には欠かせないビタミンです。

どうしてビタミンB1は毎日必要なのかというと、

水溶性ビタミンだからです。

 

水溶性ビタミンって?

水溶性ビタミンって言われてもピンと来ない方も多いかと思いますが、

簡単に言えば、

 水に溶けやすい

ということ。

 

なので、毎日の尿や汗からもビタミンB1は排出されてしまいます。

 

ビタミンB1不足の原因は?

ビタミンB1が不足する原因としては、いろんな理由が考えられます。

 

 お酒を飲むとビタミンB1を消費する

アルコールを体内で分解する時にビタミンB1が消費されるので、

たくさんお酒を飲む人ほどビタミンB1不足になりやすいんです。

さらに、お酒を飲むとビタミンB1の吸収率も悪くなってしまいます。

 

 喫煙(たばこ)もビタミンを破壊する

喫煙の場合は主にビタミンCが不足しがちですが、

ビタミンB1も同じです。

 

 糖分の多い食事

糖分が多いのにビタミンB1が含まれない食品としては、

インスタント食品、甘いお菓子、清涼飲料水などがあります。

こういうところに食事が偏ってしまうとビタミンB1不足になりやすいので注意が必要です。

 

 生魚の食べすぎ

生魚はビタミンB1を分解する働きがあるので、たくさん食べ過ぎるとビタミンB1が不足することもあります。

 

 激しいスポーツ

はげしい運動をする方もビタミンB1は不足しがちです。

 

ビタミンB1が不足するとどうなる?

ビタミンB1欠乏症の主な症状としては、

肩こりや筋肉痛、疲労などから始まって、食欲不振やアルコール中毒、集中力の低下など、様々な症状を引き起こします。

 

ビタミンB1の不足で有名なのが

 脚気(かっけ)

 

子供のころに、

椅子に腰掛けて、ひざの下を叩いて足が上がれば脚気の可能性がある

というのを習った記憶があります。

 

この脚気は昔の日本人にとても多かったのですが、

実は現代でも脚気予備軍と言われる人たちはとても多いそうです。

※全身の倦怠感や食欲不振、手足に力が入らないなどはその疑いがあります

 

 ウェルニッケ脳症

慢性的なビタミンB1不足が続くと、

部分的眼球運動障害、運動失調、眼球運動障害、運動失調、意識障害などの症状を起こすウェルニッケ脳症になってしまったりします。

 

アルコール依存の方に多い症状のようですが、ビタミンB1不足が大きく関係しています。

 

ビタミンB1ってあまり食べ物で意識したりしないのですが、

実は不足するとけっこう怖いのです。

 

ビタミンB1を増やすには?

ビタミンB1の一日の推奨量は、

 男性 1.3~1.4mg

 女性 1.0~1.2mg

 

ただ、ビタミンB1は一日のカロリーを元に計算する方法もあるようです。

 

食事からとるなら、豚肉やうなぎ、玄米なんかに多く含まれています。

・豚ヒレ肉 0.98mg

・豚もも肉 0.9mg

・たらこ(焼) 0.77mg

・うなぎ(かば焼) 0.75mg

 

 さらに、にんにくはビタミンB1の吸収を高める効果があるので、

豚肉とにんにくを使った料理なんかが良いですね。

 

ビタミンB1の場合は、水溶性で消費してしまう量も毎日多いです。

そして過剰摂取分については日々の尿や汗から排泄されるので、

過剰摂取についてはほとんど心配する必要がないのです。

 

だからビタミンB1は毎日必要なんですね。

 

ビタミンB1を含む睡眠サプリ一覧

コメントを残す