妊娠中の睡眠時間ってどのくらい必要なんでしょう?

妊娠中の睡眠時間

 

お腹に赤ちゃんが出来るといろいろ戸惑うことも多いと思います。

妊娠中の睡眠時間については悩んでいる方もけっこう多いみたいですね。

・日中も眠くて仕方がない

・眠れないから赤ちゃんに影響がないか心配

・妊娠したらどのくらいの睡眠時間が必要なの?

など、いろんな悩みが多いみたいですが、

妊娠中の睡眠に関しては主に妊娠初期と妊娠後期でかなり変わってくるようです。

 

妊娠初期の睡眠時間について

  妊娠初期は眠くなる

というのが一般的です。

 

これは、

お腹の赤ちゃんがしっかり育つためにママは安静にしてリラックスしなさい

という生物のメカニズムなので普通なことです。

 

何時間眠らなくてはいけない!

という明確なルールがあるわけではないようですので、

  眠くなったら寝るようにする

というのがいいようです。

 

ただ、仕事の都合でどうしても夜じゃないと寝る時間はない

という方もそんなに気にとめずに、なるべく規則的に睡眠時間を確保するのがいいようです。

 

お昼休憩なんかの時間で15分昼寝をするだけでも良いですね。

 

 妊娠したことの不安から眠れないのですが・・・

という方も中にはいるみたいなのですが、

 なるべくリラックスする

 寝る前にテレビやパソコンはなるべく避ける

 ベッドに入る30分以上前からなるべく部屋の明かりを暗くする

というのも効果的な方法です。

 

妊娠後期の睡眠時間について

  妊娠後期は不眠気味になる

という方が普通です。

 

妊娠後期に入ると、

 胎動が激しくなったり、

 お腹が大きくなって寝返りがうちにくくなったり、

 目の前にせまった出産への不安があったり、

と眠れない原因がいろいろ明確になってきます。

 

ただ、「眠れない・・・眠れない・・・」とあせることがプレッシャーになって悪循環、

ということも多いので、あまり気負わずに眠くなるまで待つ。

というのが一番多い意見のようです。

 

他にも

 布団に入っても眠れなければ本を読んだりしている

 寝る前にぬるま湯に浸かる

 ラベンダーのポプリを寝室に置いたら眠れた

 枕をテンピュールに変えたら嘘のように眠れるようになった

 寝る1時間ほど前にホットミルクを飲むようにしていた

など、いろんな工夫をしている方もたくさんいます。

 

もうすぐ出産!

と緊張してしまうよりは、赤ちゃんが生まれてくる準備をしているんだ、ママがそれに付き合ってあげよう!

というくらいの余裕をもってあまり考えないのがいいようです。

 

生まれてくる赤ちゃんとの楽しい日々を思って布団に入るのが一番のようですね。

 

どのくらい睡眠時間が必要なの?

 

妊娠中は8時間以上寝ましょう!

とか、いろいろな情報がありますが、そんなに睡眠時間をこまかく気にせず

リラックスして眠れないときは仕方がない!

と割り切るくらいがお腹の赤ちゃんにもよさそうです。

コメントを残す