昼寝の時間はどのくらいが一番効果が高いの?

昼寝の効果的な時間は?

 

夜が眠れなくて困っている・・・

という方にとっては昼寝ってかなり効果を発揮するもの。

でも、

  昼寝の時間ってどのくらい寝るのが一番効果的なんでしょうか??

 

昼寝についてはいろんな研究結果があるようです。

  深い眠りに入ってしまうので30分以内が理想

  一回の睡眠サイクルの90分が理想

  たった1分の昼寝でも十分

  10分から15分の睡眠を座ったまま

と、調べれば調べる程いろいろ出てきます。

 

目的に合わせた昼寝時間の確保を

昼寝時間の目安は、どういう目的で昼寝をするのか?

によって時間を決めることが大事なようです。

  午後からの作業効率を上げたい

ということであれば15分から20分くらいの昼寝時間が理想的です。

15分、20分ほどの仮眠は、その後の能率や作業効率、生産性が高まると言います。

仕事の休憩時間の昼寝を実施すると、なんと95%の方がその効果を実感出来るという統計も出ています。

 

  少しリフレッシュしたい

という場合は超短時間の1分間の睡眠でも十分です。

目を閉じてリラックスするだけでも脳や体を休める効果があります。

 

さんまさんがやっていたホンマでっか!?TVでも

「目を閉じるだけでも7割くらいの睡眠効果がある」

とも発表されていました。

 

視覚(目)から入ってくる情報が一番多いと言われますので、それを一時的にでも遮断する事でリフレッシュ出来るのでしょうね。

 

  夜がなかなか眠れなくて昼寝で睡眠時間を補いたい

個人差はあるようですが、人の睡眠サイクルは90分周期で繰り返されます。

90分間の昼寝をすることで1日分の睡眠にもなる!

という研究結果もあるようですので、

・睡眠不足で疲れている

・しっかり仮眠をとりたい

という方は90分間を目安に昼寝をすると睡眠不足の解消になりますね。

 

ただ、30分以上の睡眠をとってしまうと不眠症の方は夜がなかなか眠れなくなってしまうこともあるようなので注意が必要です。

 

 

私も休日は子供の昼寝の寝かしつけをしていて一緒に眠ってしまう事が良くあるのですが、90分以上眠ってしまうと逆に疲れてしまうことが多いです。

少し疲れをとったり、仕事の合間や休憩時間に昼寝をするのであれば15分から20分くらいが理想的なんでしょうね。

 

コメントを残す