運転中の居眠りをハイテクメガネが防ぐ時代が来る

20140513

 

メガネが目の疲れや眠気を察知して、運転中に眠りそうになると起こしてくれる!

そんな夢のような時代が来年にもやってきそうです。

メガネのブランド「JINS」が2015年の春に「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」というセンサー付きのメガネの発売を発表しました。


視線の動きとまばたきをセンサーで感知して、疲れを測定するようです。

「オフィス」「ドライブ」「フィットネス」という三つのシーンに使い分けが出来るようです。

これで

「ドライブ中の高速道路で居眠り運転」

なんていう危険な状態を回避できるかもしれないですね。

 

普段かけていても違和感がないタイプや、ドライブやゴルフでも使えるサングラスタイプなどがあるみたいなので、用途としては幅広く使われそうですね。

 

それにしても人の目の情報さえもデータとして商品化できるような時代になったのですね。

そもそも睡眠不足や不眠症というのは脳に関係が深いようですが、現在はまだ脳については10%も解明されていないというのが有力な説です。

将来は睡眠不足なんて機械で解決できる日が来るかもしれないですね。
⇒ JIN’s オンラインショップ

コメントを残す