熟睡障害の原因を知ってぐっすり眠るには?

akubi_man

 

「7、8時間眠ったのに寝た感じがしない」

十分睡眠時間は取れているはずなのになかなか疲れがとれない。

眠った気がしない。

そんな方は熟睡障害の可能性があります。

 熟睡障害の原因は??

 

心配事やストレス、というと他の不眠の原因と同じですが、

 電気をつけたまま眠っている

というケースが多いようです。

他にも、

 寝る前の飲酒

 寝具(布団や枕)など、睡眠環境の変化

なども熟睡障害の原因になったりもします。

 

 熟睡障害の解消方法は??

十分な睡眠時間のはずなのに疲れがとれないのであれば、

体への負担も大きくなってくるので早めに対策をした方がよいです。

 

  就寝時にはなるべく電気は消して暗くする

明るい状態だと、睡眠を促す成分のメラトニンを増やすことに関連したセロトニン。

このセロトニンは太陽の光を浴びると生成されやすいといわれています。

常に明るい状態だとセロトニンやメラトニンの分泌に影響が出てしまって

熟睡できない、といったことが起こりやすくなります。

なので、就寝時はなるべく部屋を暗くしたほうがいいんですね。

  睡眠環境を整える

エアコンや加湿器で部屋の環境を眠りやすく整えることも大事です。

さらに、眠りやすい自分に合う枕を探してみたりするのも一つですね。

寝室や寝具の変化で眠りの質に影響がでる方も多いみたいです。

旅館に泊まるとなんだかぐっすり眠れない・・・

というのも同じですね。

コメントを残す