二度寝が出来ない!?早期覚醒の原因と改善策

neoki_woman

 

「予定よりも早く目が覚めてしまって二度寝できない」

 

早期覚醒の場合は、「老人性早期覚醒」というパターンもあるようです。

お年よりは朝が早いイメージがありますが、年齢とともにメラトニンの分泌が減ってしまうので、

眠れる時間も短くなってしまう方が多いようです。

早期覚醒の場合は、

 目覚ましよりも早く起きてしまう

 思ったよりも早く目覚めてしまって、眠りたいのに眠れない

というケース。

 

一日だけ早く起きて眠れなかったけど、その日の夜は疲れて眠れた、

という場合は早期覚醒ではない可能性が高いです。

 

あまりにも眠れなくて疲れがとれない・・・

という場合は早期覚醒の可能性があります。

 

早期覚醒の原因は?

 

 メラトニンが不足している

メラトニンが不足している場合は、覚醒作用のあるセロトニンが不足しているケースが多いようです。

ただ、早期覚醒の場合は、朝日を目いっぱい浴びてセロトニンの分泌を促すことが解決につながるかというとそうでもないことも多いので注意が必要です。

体が、早朝に目覚める習慣がついてしまう可能性もあります。

 

 運動不足

体が疲れていなくて眠りが浅くなる

というケースもあります。

 

中途覚醒の解消方法は??

 

 早朝に朝日が当たり過ぎないように遮光カーテンを使ってみる。

他の睡眠障害とは逆の発想ですが、早期覚醒の場合は入眠はスムーズな方が多いようです。

目が覚めてしまう原因を取り除くことが解消につながったりもします。

昼と夜の区別をしっかり体が感じ取れる環境を作ることが大事です。

 

 昼間にしっかり運動する

運動不足や不規則な生活習慣が早期覚醒の原因になったりもします。

しっかりと体を動かすように夕方にジョギングをしたり、就寝時間を毎日規則的にするだけで改善した、というケースもよくあるようです。

 

コメントを残す